TRYADHVAN

2015-2016

close

仏教の言葉で、過去世・現在世・未来世のことをあわせて「三世」という。サンスクリット語で“Tryadhvan”(トリャドヴァン)。現在は過去の結果であり、未来は現在の現れで あるという。三世は途切れることなく繋がり、また因果によって固く結ばれている。
これまでの私の作品には、「生と死」という根源的な自然の営みが流れているように 思える。つまりそれは、自身が意識的か無意識的に、世界を「生と死」という考えのもとで捉え、感じ、写真にしているからであろう。
2013年より人生を共にすることとなった、僧侶である夫に「因果」や「三世」という 物事の考え方を教わった。それ以来、日々起こることの因果関係に得心が行き、生きる ことが楽になった。さらに、私の胎内に宿った新たな生命がきっかけとなり、自分や家族、先祖との繋がりを想うと「三世」という言葉も自ずと沁み入ってきた。
今回の作品では、新たな生命を軸に、お寺での生活で心に映ったものを撮ることにした。そこには身の周りにあるもの、例えば静物、自然、私自身や家族などが写っている。2015年から2016年にかけての数ヶ月という短い撮影期間だったが、写真家として女性として、自身の足元を見つめ直す濃密な時間が持てたことは幸せであった。

2016年4月 古賀絵里子
In Buddhism, the “three worlds” of past, present and future — or tryadvan in Sanskrit — are seen as an inseparable continuum of karmic causality: the past resulting in the present, the future a manifestation of the present.
Flowing through my works up to now I sensed an undercurrent of “life and death,” fundamental truths of nature. Whether consciously or not, I seemed to view the world in terms of “life and death” and these feelings emerged in my photographs.
From 2013, I came to share my life with my Buddhist priest husband, who gave me insight into “karma” and the “three worlds.” Thereon, these teachings helped me to accept everyday occurrences as causal relations, which made life easier. Moreover, the new life sheltered in my womb made me reflect upon the continuity of self, family and forebears, as the truth of the “three worlds” quietly sank in.
For these works, I decided to photograph my mind’ s vision of life at the temple revolving around this new life. Hence the pictures show things close by: still-lifes, nature, myself and family.
While taken over a few short months from 2015 into 2016, reexamining my own footing here, as a photographer, as a woman, this profoundly rich time has been a joy.

Eriko Koga April 2016

Copyright©Eriko Koga all right reserved.